フランス語ゼロからのニース生活

2016年2月、南フランスのニースへ引っ越した私と夫と猫の日々。

フランス配偶者ビザ(2年!)更新手続きをしてきた。(1/18追記あり)

私の最初の配偶者ビザは有効期限が2017年2月1日までなので、期限2ヶ月前を切っている本日、夫とともにニース県庁に行ってきました。

ひとまず不足書類・不備などなく申請書類を受領してもらえたので、現行ビザの有効期限1週間前になっても新しいビザ(滞在許可証)の通知等が届かなかったら、県庁までレセピセを取りに来て、とのことで本日は終了しました。

しかも。

てっきり1年の更新だと思っていたら、またルール変更があったらしく、移民局(OFII)関連の書類が揃っていたことにより2年のビザを発行してもらえることになりました。超うれしい!

srdavi3216.hatenablog.com

2年の配偶者ビザ取得には移民局(OFII)関連書類が必要。

先月末に県庁へ行って、ビザ更新のための申請書と添付書類リストをもらってきました。※こちらを参照。

その際、私としては「語学学校行けとか試験にパスしないとダメとか言っといて、その証明書類がリストに入ってないなんて、なんかおかしくない?」と思っていたのが移民局(OFII)関連の書類。

夫にも確認してもらったけどやはり書いてない。でも、フランス政府(関連組織)からもらったものは念のため全部持って行っとこうということで、下記も原本と写しを持参しました。

  1. 移民局(OFII)指定の市民講座受講修了証(2回分)
  2. 移民局(OFII)指定の語学学校の受講修了証
  3. DILF(A1)合格証明書

結果、全部必要でした。

私たちの手続きを担当してくれた職員曰く、「最近ルール変更があり、OFII関連の書類があれば有効期限2年のビザに更新できるようになった」とのこと。

万全を期したのが功を奏した形ですが、もし持参していなければ1年ビザだったのか、所持していれば後日郵送でもOKだったのかは不明。

なお、上記1〜3の書類のどれが正解だったかはよく分かりません。でもOFIIと記載のある書類は全て受領されたので、あるだけ持って行っておくと良いかと思われます。

公式サイトにも配布資料にもどこにも書いていないけど、しれっと改定・施行されている、フランスあるある。

2017/1/18追記:友人が2017年1月にビザ更新のためのリストを県庁に貰いに行ったところ、OFII云々ではなく「結婚して2年経ってたら2年ビザが申請できる」と説明されたそうです。どっちが正解なんだろう(どっちも?)。

次回は10年ビザにできるらしいです(今のところ)。

さらに嬉しいことに、この2年の配偶者ビザを更に更新するときは、10年ビザに更新できるとのこと(結婚後3年以上経過するという要件)。

ネットなどで見ていると、これまでは初回のビザを含め1年ビザを3回、4回目にようやく10年ビザを申請できると思っていたので、1回少なくなるのは非常に助かる。

とはいえ、移民に関しては語学学校の要件一つとっても、この1年に割とめまぐるしくルール変更が出ているので、数年先のことは分かりません。2017年はフランス大統領選もあるし、移民政策がどうなるかによって、また変更が出てくるでしょう。

役所や職員によって対応が変わる場合もありますし、その時その時のルールにうまく対応しながら切り抜けていく必要があるようです。

共同生活の証明書は色々あればある程良さそう。

夫の実家に間借りしている私たち。共同生活の証明書といっても、共同名義の銀行口座証明くらいしか持ってません。賃貸契約書とかもないし、公共料金の領収書(親名義なので)もないし。

一応、義父に居住証明書を書いてもらう際に、「私と夫が一緒にこの家に住んでます」という書き方にしてもらったのですが、事前受付段階では「ちょっと足りないかも」と言われました。

幸い、居住証明書と銀行口座証明書で受理してもらえましたが、追加を要請された場合は、セキュリテソシアルから郵送で届いた書類(夫婦連名ではないが同じ住所宛に届いていることは確認できる)や加入証明書でも出してみるか、という感じです。

2017/1/18追記:やはり「同居を証明する書類をもっと出せ」という通知がきました。通知の差出人が窓口で対応してくれた人と違っているので、担当者によって見解が違うのかなという感じ。前述のとおり、セキュリテソシアルとCAFから届いてる書類をいくつか出してみようと思います。その他、申請書に「無職」と書いて提出したにも関わらず、労働契約書や直近3ヶ月の給与明細も要求されていますが、私の場合、フランスに来てからは無職のため「無いものは無い」で通す予定です。

時間短縮のため妊婦優先権を使わせてもらいました。

ビザ更新窓口には9時ちょっと過ぎに到着しましたが、その時点で30人くらい並んでました。前回行った時もすごい人数が並んでる。

これは、そもそも来訪者数が多いことに加えて、事前受付段階で比較的細かく書類チェックを受けるので時間が取られることも理由としてあるかと。

受付は9〜11時半までですが、事前受付にすべりこめれば、申請手続き自体は受付時間終了後も継続されています。なので、この手続きの日は時間的に余裕を持っておいたほうが精神的には良いかと思います。

今日は、夫が事前受付の職員と話し「妊婦優先権」を使わせてもらいました。ディズニーランドで言うところのファストパス的な。当然の権利として認められていることとはいえ、後ろにずらっと並んでる人たちの方は、なんとなく後ろめたくて見れなかったです。でも長時間立って並ぶのは今はこたえるので、ご容赦ください。そして感謝。

 

さて、来月末までにConvocationは無事に届くのでしょうか。