読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス語ゼロからのニース生活

2016年2月、南フランスのニースへ引っ越した私と夫と猫の日々。

ボンコワン(Le boncoin)でベビーカーを手に入れた。

赤子受け入れ用品最後の大物であったベビーカーを、やっと手に入れました。

http://media.bebeconfort.com/fr-fr/~/media/assets/media/main-collection-image/19848960_bebeconfort_stroller_trio_danatraveltrio_2016_grey_concretegrey_3qrt.ashx?mh=630&jpeg=85

www.bebeconfort.com

ボンコワン(Le boncoin  https://www.leboncoin.fr/という何かを売りたい人、買いたい人のためのサイトです。出品されているのは、仕事・自動車(バイクなど)・家・家具・サービスなど様々。

今回、私達の居住地から近い場所にお住いの人が、こちらの条件に合うベビーカーを出品していたので、お会いして現物を見せていただき、状態も悪くなかったのでその場でお買い上げとなりました。

2014年モデルで2年使用、新品購入時1,000ユーロ(当時のレートで15万円くらい?高!)のベビーカーを125ユーロ(今のレートで16,000円くらい)で手に入れられたのだから上出来!

チャイルドシートとベビーカー(ベッド型に付替もできる)が揃いました。

ニース在住の人ってどこでベビーカーを買うんだろう…。

しばらく前から「買わなくては」と思っていたベビーカーですが、ニース市街で取り扱っていそうな店を発見できず。ベビーカー押してる人は大勢いるのに。「皆どこでかってるんだろうね?」なんて夫とブツブツ。義母に聞いても「…確かに見かけないね」とのこと。

トラムやバスで1時間程のところにある大型ショッピングモール(Cap3000とか)に行けばあるのかもしれないなぁとは思いつつ、往復2時間かかる(買い物時間を含めると一日がかり)ことに、出かける前からどーんと腰が重くなって、延ばし延ばしになってました。

ありがとうボンコワン。

モノがよければ新品でなくても構わないと思っていたので「もういっそネットで探そう」とググったところ、ボンコワンであっという間に発見することができました。

義母にも「ボンコワンは良いよ」とのこと。出品リストを見ていると「え、こんな細かいものも売るの?(3ユーロとか)」と思うようなモノもありますが、蚤の市(ブロカント)も盛んなフランスの国民性とも合うのかなぁ、などと思った次第。

私達もキレイに使って、2年くらいしたらボンコワンで売ろうっと。

 

ちなみに、売主さんも「1,000ユーロで買ったんだよ!」と強調していただけあり(笑)、とても丈夫な造りのベビーカーです。「bébéconfort」というブランドでした。

売主さんも第2子出産を控えているとのことなのに売りに出したってことは、使ってみないと分からない欠点があったのかも。とりあえず理由の一つは「重量」かもしれない。でも定価の1割の値段で買えたから、十分満足だ!