フランス語ゼロからのニース生活

2016年2月、南フランスのニースへ引っ越した私と夫と猫の日々。

ドコモiPhone6のSIMロック解除ができなかった話。

2017年3月10日追記:この投稿は2016年2月にドコモiPhone6のSIMロックが解除できなかったという内容のエントリーです。その後、仏国内でアンドロイド携帯を買って使っているため、現時点でも解除できていません。

2017年4月11日追記:お金がもったいなくなったので断念いたしました!※「できなかった」ではなく。詳しくは下記エントリーをご一読ください。


今でも思い出すとつい悪態が出てしまう出来事。

家の中でしか使えない、今も私の手元にあるドコモiPhone6。

 

海外に長期滞在とか移住を予定してる(したい)人は、端末代が高くてもSIMフリーの携帯を買った方がいいと思う。

 

今年2月末に渡仏するのに先立ち、NTTやプロバイダ契約や水道ガス電気の契約やら、いろいろ整理しなければならなかったのですが、引越し業者とか大家さんとか、一番ギリギリまで解約できないのが携帯電話でした。

 

私はドコモのiPhone6を使用。

渡仏後もできればしばらく使えるようにしておきたかったので、現地で解約手続きができるかをドコモショップに聞きに行きました。

結論は、パリにドコモショップはあるが、そこでは解約手続きはできません。どうやらフランスにいる(多分出張とか旅行で来てる)ドコモユーザーをサポートするための機能しかない様子。解約書類郵送による解約も、Webでの解約も受け付けていないとのこと。

 

なるほど、それじゃあ仕方ない、今ここで解約するのでSIMロックを解除してくれと申し入れました。 

すると。

「お客様がお使いのiPhone6はSIMロック解除ができません

 

最初、技術的な問題でできないと言われているのかと思い、「そんなわけないでしょ」とさらに詳しく聞いたところ、技術的な問題でもなんでもなくただ単に「SIMロックサービス対象外機種」だということがわかりました。つまり「できない」んじゃなくて「しない」んですよね?

 

なんなのーなんなのよもー。

まだ端末の支払いも残してる去年買ったばかりのピカピカなのに、ドコモがSIMロック解除してくれないと、フランスに持って行っても使えないですよね?今はSIMカードが自動販売機で買える時代なのに、それを使うこともできないんですよ?

「Wifi環境であればお使いいただけます」

(そんなん言われなくてもわかってるわ!!)←こらえた。

「ドコモとの契約があれば海外でもお使いいただけます。海外料金が発生しますけど」

「・・・。」

 

もうこの店員の女性にどれだけ不満を述べても仕方ない。彼女はただマニュアルに沿って仕事しているだけだ。落ち着け落ち着けと心の中で大きく深呼吸して、いろいろ言いたいのをグッと飲み込んで解約手続きを終わらせてドコモショップを出ました。

席を立ち際「ああ、最悪だ」という独り言は出ちゃいましたけど。

(あとで夫から「あの店員の子、超怖がってたよ」と言われました。)

 

www.nttdocomo.co.jp

確かにiPhone6は対象外。そこに一消費者の「なぜ」とか「どうして」は通じない。

 

さて、ドコモがSIMロックを解除してくれないとなると、どこかよそでロック解除してもらうしかありません。ネットでSIMロック解除(ファクトリーアンロック)サービスをしてる会社や体験ブログなどをいくつか検索しましたが、詳細がよくわからなかったので、渡仏後にそういう店がないかを探してみることに。

 

ドコモiPhone6SIMロック解除できませんでした。

 

結論はあっという間に出ました。

ニース市内にSIMロック解除サービスを提供してる店がいくつかあり、そのひとつにドコモiPhone6を持ち込んでトライしてみてもらったのですが、結局「ダメだった。たぶん他の店に持って行ってもダメだと思う」との非常に残念な答え。

ちなみに、夫がカナダの携帯会社と契約していたiPhone5のSIMロックは120ユーロ(15,000円弱)で解除可能とのことでした。

きっとドコモの方は、技術的にできないのではなく、政策的に制限がかかっていてできないということなのだろうと思います。

 

結局。

ドコモがSIMロック解除してくれないので、フランスの携帯電話会社のSIMが使えない、Wifi環境(家の中)でしか使えない、買って一年経ってない素敵なiPhone6が私の手元にあるという・・・。

 

格安SIMのIIJmioは解約手続き超簡単。そしてSIMフリー端末の身軽さ。

 

一方の夫は、アップルストアで買ったSIMフリーのiPhone6Sを使用。

IIJmioのSIMを契約していました。

 

www.iijmio.jp

 

IIJmioはWeb上で解約手続きができ、契約から1年以上経過していれば、解約に特にお金はかかりません。1年未満の解約の場合は残期間1か月につき2,000円ほどかかります。SIMカードは郵送返却可。

出国前後も何かと携帯は必要になるし、渡仏後に解約できてランニングコストも格段に安いIIJmioの契約を1ヶ月ほど残すことにしました。

そしてニース到着後、夫がこちらの携帯会社のSIMを購入すると同時に解約。超簡単でした。

と同時に、日本の携帯から一瞬でフランスの携帯になった夫のiPhone6Sを見て、SIMフリー端末の身軽さを実感。

 

ドコモでiPhone6以前の機種をお使いで、これからちょっと長めの海外旅行に行くとか、移住・留学とか、予定は未定でもそういうことをちらっと考えていらっしゃる方は、海外での快適な通信環境を気軽に手に入れられるSIMフリー端末に早めに乗り換えておくことをぜひご一考ください。

今の時代、人間、いつどこで日本を出ることになるかなんてわからないし、どこにいてもネット環境はなくてはならない存在になっているのですから。

 

ちなみに、IIJmioはドコモ回線に相乗りしてサービスを提供しているので、ドコモのSIMロックが解除されていないiPhone6を持ち込んでも利用できるとのこと。

つまり日本の中で使う分には需要があるはずなので、今思いつくのは「日本の家族か知り合いに送って中古品として売ってきてもらおうかなぁ」という程度・・・。

 

というわけで、今も外出先では携帯なし生活です。そろそろ何とかしなくては。

 

weekly.ascii.jp

私の場合はうまくいきませんでしたが、成功する場合もあるのだろうと思います。

 

cosmop.hatenablog.com

「できない」んじゃなくて「しない」だけなんですよね・・・。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村